ビジネスにおける名刺の重要性

ビジネスの現場では、名刺は最初に示す大事な営業ツールともいわれています。名刺1枚は薄くて小さなカードですが、ビジネスの現場ではそれだけ大事な意味があるということです。だから、名刺をおろそかにしてはいけないということです。
ビジネスの現場での初対面同士であれば、最初に名刺交換をするのが常識です。
その際に、「○○(所属)の△△(自分の名前)と申します。よろしく、お願いいたします」と言って差し出します。差し出す際には、相手に名前が読みやすい方向に向けて示すようにしましょう。
名刺を受け取ったら、商談の場でテーブルのあるところであれば、手元に名刺を置いて話を進めても失礼には当たりません。特に、相手が何人も出てきた時には、その位置に合わせて名刺を置いておくことで、名前を覚えていく努力をしましょう。
一対一の場であれば、名刺交換の際に、名前や所属部署、あるいは名刺に書かれていることについて一言触れると、コミュニケーションの切っ掛けとなり、次の商談に入りやすくなることもあるでしょう。
戴いた名刺は、きちんと整理しておくようにしましょう。名刺で、相手の名前や部署を覚えていくことで、仕事のアウトラインも見えてくるものです。
名刺を効果的に使うことで、ビジネスチャンスが広がることもあります。